コンサルタントを選ぶ3つの基準

事業再生コンサルタントの3つの選び方

土壇場の時だからこそ、選ぶのに慎重になりませんか?
事業再生コンサルタントを選ぶ際の「3つの基準」とは?

資金繰りが厳しいとき、誰かに相談したいけど、どうやって選んだら良いか分からない。
相談に行ったら、破産を勧められた....など、土壇場の場面だからこそ、選ぶ基準は
非常に重要です。

資金繰りを円滑にする大事なポイントは、収益と金融機関取引です。
売上や利益を向上させるには、時として時間が必要な場合もあります。

まずは、止血という意味でも、金融機関取引を見直すことが最優先事項になってきます。

事業再生コンサルタントに依頼する際には、以下の3つのことに気をつけなければなりません。

基準1

借入金負担の軽減には、さまざまな手法があり、貸し手である金融機関と借り手である
中小企業の間には、利害が対立するのが通常です。

これを、双方が納得したうえで、どのような再生手法に収斂させていくかは、
過去の経験・実績が重要になってきます。

借入負担を軽減する再生手法には、返済猶予や返済額の低減だけではなく、
資本的劣後ローンの導入や、借入金を株式に転換する手法、借入金自体が免除になるケースなど、
さまざまなものがあります。

基準2

抜本的な再生を果たすためには、営利組織である金融機関が、どのような形で収益を上げ、
コストを計上しているかを理解することは非常に重要です。

金融機関が、企業に資金を貸し出す場合、「貸倒引当金」というものをコストとして計上します。
これは、金融機関が企業に対して貸し出した資金が、いざという時に回収できない場合に備えてのものです。

コストとして計上するわけですから、この金額が大きくなると金融機関の収益を圧迫するのです。

基準3

事業再生を進める場合、借入金に関する金融・再生手法の知識・経験だけではなく、法律的側面、
税務・会計的側面、不動産に関する支援が必要な場合もあるのです。

従って、これらの支援を提供してくれる専門家とどれだけ幅広いネットワークを持っているかが
重要になります。

また、弁護士や、税理士の専門家の方々も、得意分野・不得意分野を持っているのが通常です。
従って、事業再生の経験・実績が豊富な専門家とのネットワークが重要ということになります。

借入負担軽減の7つの秘密

経営改善、事業改善をしたい方はお気軽にお電話ください。 ホームへ戻る事業再生事例を見るサービス内容を知るお客様の声を見るノウハウ集を見る会社概要を見る

ページの先頭へ戻る