経営改善・事業再生事例

銀行からの実質債権放棄による再生

  • 売上以上の借入金残高を抱え、債務償還に30年以上かかる状態であった。
  • 金融機関との合意を得て、実質的な債務免除を受けることで合意。
  • 事業を収益のあがるGood事業と収益のあがらないBad事業に分け、Good事業を新会社へ移行。
  • 新会社は、借入金3億円のみを継承し、旧会社は、特別清算を行った。
  • 結果、実質的に7億円の債務免除を受けた形となり、新会社は利益が増加し、借入金も減少、約10年で債務償還を行うことが可能になった。

銀行からの実質債権放棄による再生の図

借入負担軽減の7つの秘密

経営改善、事業改善をしたい方はお気軽にお電話ください。 ホームへ戻る事業再生事例を見るコンサルタントを選ぶ基準を知るサービス内容を知るお客様の声を見るノウハウ集を見る会社概要を見る

ページの先頭へ戻る