経営改善・事業再生ノウハウ集

担保不動産を売却した代金を運転資金に使えるのか?

2015年2月20日

先日、こんなご相談がありました。

「担保不動産を売却した代金の一部を運転資金に使いたいのですが銀行は応じてくれるのでしょうか?」

結論から言うと応じてくれるケースもあります。

例えば、ある銀行(仮にA銀行)から総額1億円の借入をしている企業があるとします。

その借入に対し、A銀行が極度額8千万円の根抵当権を設定していたとします。

不動産売却価格が5千万円だとしたら、A銀行の借入残高は1億円ですから、通常は5千万円を全て返済にまわすよう銀行は要求します。

しかし、その一部の1千万円を運転資金に使いたい場合、話し合い次第で銀行が応じてくれる場合もあるのです。

もちろんケースバイケースであり、銀行の支援体制・意思がどの程度かによります。

しかし、銀行の支援を受けやすくするのは、運転資金を使わせてもらいたい中小企業がどのような情報発信・話し合いを行うかによっても変わってくるのです。

主なポイントは次のようなものです。
・真摯に経営課題に取組み、経営努力を行っていること
・情報開示を適正にかつ定期的に行い、銀行に提示していること
・借入金総額が一定の期間で返済できる、かつ債務超過が一定の期間で解消できる経営改善計画を策定する見込みがあること
・経営者が経営責任として一定の譲歩を行う用意があること

などです。

また、担保不動産に信用保証協会の優先担保充当が付いている場合は少し話が変わってきます。

上記の主なポイントは具体的にはどのようなことでしょうか?

また、優先担保充当とは何でしょうか?

続きは明日お伝えします!!

ページの先頭へ戻る